美作大学OPAC

ようこそ  ゲスト さん

がん不均一性を理解し、治療抵抗性に挑む : がんはなぜ進化するのか?再発するのか? / 谷内田真一編集

ガン フキンイツセイ オ リカイ シ チリョウ テイコウセイ ニ イドム : ガン ワ ナゼ シンカ スル ノカ サイハツ スル ノカ

(実験医学;増刊 ; Vol.36, No.2 (2018))
データ種別 図書
出版者 東京 : 羊土社
出版年 2018.2
本文言語 日本語
大きさ 199, 6p : 挿図 ; 26cm
一般注記 通巻610号
文献あり
著者標目 谷内田, 真一 <ヤチダ, シンイチ>
件 名 BSH:医学 -- 実験 -- 雑誌
BSH:
BSH:癌細胞
分 類 NDC9:490.7
ISBN 9784758103688
NCID BB25294139 WCLINK

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 登録番号 状 態 コメント ISBN 予約
大学3階一般
494.5||Y 30020012
9784758103688

書誌詳細を非表示

類似資料

  1. 1
    cover
    最先端の癌研究と治療の新展開 : 分子標的治療,免疫療法,ゲノム医療から最新の外科療法まで / 黒木登志夫, 珠玖洋編集
  2. 2
    cover
    がん微小環境と標的治療 : がん幹細胞ニッチ、間質、血管・リンパ管新生の理解に基づく21世紀の新たながん治療 / 高倉伸幸(ほか)編集
  3. 3
    cover
    細胞内タンパク質の社会学 : 合成・品質管理・輸送・分解のケアシステムと疾患発症機構 / 永田和宏, 遠藤斗志也編集
  4. 4
    cover
    ここまで進んだ幹細胞研究と再生医療2006 : 幹細胞の分化を運命づけるメカニズムから臨床応用の取り組み, 産業化の展望まで / 田賀哲也, 中畑龍俊編集
  5. 5
    cover
    再生医療と疾患解明の鍵となる組織幹細胞 : 生体内の維持・分化制御からオルガノイド形成、がん・幹細胞疾患まで / 戸口田淳也, 長沢丘司編集
  6. 6
    cover
    成熟・展開するアポトーシス研究 : 分子機構や個体レベルの解析, 非アポトーシス型細胞死研究への拡がりから疾患解明・医療応用まで / 辻本賀英, 一条秀憲編集
  7. 7
    cover
    細胞周期の最前線 : 明らかになるその制御機構 : 複製のライセンス化,チェックポイント,分裂期キナーゼなど精緻な分子機構と生命現象とのかかわり / 中山敬一編集
  8. 8
    cover
    秒進分歩する癌研究と分子標的治療 : 発癌から浸潤・転移に至るメカニズム解明とトランスレーショナルリサーチの最前線 / 原英二 [ほか] 編集
  9. 9
    cover
    再生医療へと動き始めた幹細胞研究の最先端 : 増殖・分化,再プログラム化のメカニズム究明から実現しつつある臨床応用の現状と展望まで / 岡野栄之, 中辻憲夫編集
  10. 10
    cover
    ヒトと医学のステージへ拡大する細胞周期2013 : がん治療と生命現象の解明をめざして / 中山敬一編集

検索結果一覧に戻る ページトップ